earth code

私たちの体に残る、「EARTH CODE(=地球のしるし)」。

46億年という果てしなく長い歴史の中で、地球環境にデザインされてきた私たちの体。

絶えず変化し続ける地球環境、その中で生まれ、形を変え、生き抜いてきた私たちの体には、その目に、手に、足の形や骨や内臓にも、いまも“地球のしるし”が深く刻まれています。この本は、地球そのものと私たち自身の切っても切れないつながりを感じ、地球環境にデザインされてきた私たちの体を強く意識し、私たちが地球とともに生きる生命体であることをひとりひとりに自覚してもらうために制作されました。

  • ●第一章:わたしと地球の一日

    光、水、酸素、重力など地球を取り巻く構成要素と「わたしの体」はどのような関連性を持ち、どのような影響を受けているのかを知る。

  • ●第二章:わたしと地球の物語

    地球の変化と生命の進化。地球上の多種多様な生命も、たどればたったひとつの共通祖先であることを時系列で学ぶ。

  • ●第三章:わたしと地球の境界線

    46億年の地球の歴史の中で共に生き抜いてきた生きものたちと、わたしたち人間の間には、どのような違い、そして共通点があるのかを考える。

編著 GENERATION TIMES (ジェネレーション タイムズ)

未来を担う世代と「新しい時代のカタチ」を考えるジャーナル・タブロイド誌。2004年創刊。毎号、自分の日常と世の中で起きているコトとの”接点”を探っていく特集主義で構成されている。現在は10号まで発刊(不定期刊)。自分の歴史を辿る特集『roots』(vol.3)。日本で生きる外国人との距離を考える『トモニイキル』(vol.5)。世界と自分の繫がりをひも解いた「65億人の交差点」(vol.9)。100歳が生きる同時代を描いた『時を拓く』(vol.10)など。そのほか、読者と共に考えていくイベント『GTゼミナール』や、NGOや学校法人との共同プロジェクトなど、誌面を越えたプロジェクトを展開している。現在、時代のカタチを考える研究所『GENEGATION LABO(仮称)』を準備中。

http://www.generationtimes.jp

特別協力 山本良一(やまもとりょういち)

国際グリーン購入ネットワーク会長。東京大学名誉教授。元東京大学生産技術研究所所長。東京大学工学部冶金学科卒業。工学博士。専門は材料科学、持続可能製品開発論、エコデザイン。文部科学省科学官(2004〜2007)、エコマテリアル研究会名誉会長、LCA日本フォーラム会長、環境経営学会会長、環境効率フォーラム会長、「エコプロダクツ」展示会実行委員長など多くの要職を兼務。著書に『地球を救うエコマテリアル革命』(徳間書店)、『戦略環境経営エコデザイン』、『サステナブル・カンパニー』、『温暖化地獄』『温暖化地獄Ver.2』、『残された時間』などのほか、『1秒の世界』、『世界を変えるお金の使い方』、『気候変動+2℃』(以上ダイヤモンド社)の責任編集を担当。

ダイヤモンド社通販サイト

購入する

  • 定価:1470円 (税込)
  • B5変型/172頁
  • ISBN 978-4-478-01269-7
  • 2010年4月8日発行