世界を変えるお金の使い方: 付随活動

書籍の刊行に合わせて、参加者が共に育むという意味での「共育」という側面から、教育現場でとりあげてもらえるような企画の提案をしています。そして、様々な角度からの情報をより多くの方に知ってもらい、「お金」についてより深く考え、語り合う機会を持ってもらうため、シンポジウムの企画・開催を行いました。また、書籍の内容をもとに映像化されたテレビ番組は、より多くの方々に「お金」の使い方の視座を広げるきっかけになったと思います。

連動企画『世界を変えるお金の使い方』授業活用案募集

学校の先生方に、『世界を変えるお金の使い方』を活用して、環境教育または社会貢献教育を行う場合の授業の教え方、課題、授業進行などのアイデアを自由に書いて送ってもらいました。クイズ形式にしたり、関心のあるテーマでポスターを作ってみたりと、書籍のアイデアから派生したさまざまな授業活用案が集まりました。

『世界を変えるお金の使い方』出版記念シンポジウム

本書を責任編集した山本 良一 (東京大学生産技術研究所教授) 氏による基調講演 (“地球大異変と破局へ向かう世界経済にどう対処すべきか”) をはじめ、経営コンサルタントによる特別公演 (“なぜ、わたしは『世界を変えるお金の使い方』を推薦するのか”)、大学教授やNPO、さまざまな分野から参加を募ったパネルディスカッション「世界は変えられる!」など、本書に携わった方々とテーマにおける熱い論戦が繰り広げられました。

MFUGスペシャル「地球の危機を救うお金の使い方」TBSテレビ (2007/9)

世界の危機を救うために、お金の使い方を考えてみる、変えてみる。温暖化による異常気象、貧困問題など、つい目を背けてしまいがちな地球の問題。これを解決するための重要なキーワードとして「お金」に焦点を当てています。この番組では、あなたが握り締めているそのお財布から、地球の危機を救う凄いパワーが生まれることをわかりやすく解説しています。