みずものがたり: 付随活動

『みずものがたり』の付随活動では、限りある資源である地球の「水」の循環や、地域の問題などと結びつけて考えられるような課題を投げかけ、あたりまえのように毎日使っている水について改めて考え直すキッカケを作ってもらうことを目指しました。

連動企画「みんなの水ものがたり」(2008/4〜9)

空から降る雨は、地面に落ちて、どこへ行く? 蛇口から流れ出る水は、どこから来たの?
水を取り巻く地域の活動や、切っても切れない暮らしと水との関係。地球温暖化や環境問題の重要なキーワードでもある水の存在を、改めて見直してもらうため、書籍『みずものがたり』P.30「地球ぐるぐる水の旅」を参考に自分で考えた“しずくのものがたり”をイラストで、または同書P.70「水問題を解決する21のアクション」を読み、自分たちの住む町や地域で行われている水に関する活動や水と土地の歴史については作文や取材レポートで募集しました。