かんたんカメラ工作教室

牛乳パックなど身近な素材を使ってカメラを工作し、撮影することを通して、子どもたち...

キヤノン株式会社

  • プログラムの概要
  • 実施レポート/体験者の声
canon_03_main.jpgのサムネール画像
牛乳パックなど身近な素材を使ってカメラを工作し、撮影することを通して、子どもたちに楽しみながらカメラの原点を知ってもらうキヤノンオリジナルのプログラムです。

【基本的な流れ】(約60分)

■カメラの生い立ちについて説明

紙芝居形式でわかりやすく説明します。

■カメラ工作
牛乳パックや黒画用紙など、身近な素材を使ってカメラを手作りします。

■日光写真撮影
完成したカメラで景色をのぞいて楽しんだあと、撮影したいものを選び日光写真を撮影します。
身近な素材を使ったカメラ工作を通して、カメラの変遷、カメラのしくみを知ることができます。出来上がったカメラをのぞいて、子どもたちがピント合わせを自分で工夫しながら、映し出された鮮明な被写体を楽しんでいます。
日光写真では、今とは違う方法による撮影や現像を体験することによって、驚きや新しい発見があります。