キヤノン ジュニアフォトグラファーズ

「キヤノン ジュニアフォトグラファーズ」は、子どもたちの環境に対する意識を高める...

キヤノン株式会社

  • プログラムの概要
  • 実施レポート/体験者の声
canon_01_main.jpgのサムネール画像
「キヤノン ジュニアフォトグラファーズ」は、子どもたちの環境に対する意識を高めるとともに、写真文化を通して子どもたちに自分の発見や感動を人々に伝える体験の場を提供する写真プロジェクトです。小さな自然が息づく都会や、緑が豊かに広がる地域に赴き、教育機関や地域の方々と協働しながらデジタルカメラ教室とフィールド撮影会、作品発表会を開催します。

■基本的な流れ
所要時間・3時間~3時間30分

(1)デジタルカメラ教室(レクチャー)
写真家の先生から過去のすばらしい作品を紹介していただきながら、撮影のポイントやコツを指導していただきます。また、キヤノンのスタッフがデジタルカメラの操作説明を行います。デジタルカメラを初めて使う子どもたちでも簡単に操作できるようになります。
※デジタルカメラやプリンターなどの必要機材はキヤノンが用意します。

(2)フィールド撮影会
ひとり1台ずつデジタルカメラを持って、「身近な自然」をテーマに、自由に写真撮影。各地域の特色を生かしたフィールドを舞台に、素敵な写真を撮ってください。

(3)作品発表会(作品レビュー)
撮影した写真から各自のお気に入りの写真をプリントアウトして、自分でタイトルを付け、フォトフレームに入れて作品として完成させます。そして、友だちの作品を鑑賞した後、撮影時に発見したことや感動したことなどをみんなの前で発表して伝え合います。写真家の先生にご講評もいただきます。
※当日、各自のお気に入りの写真はフォトフレームに入れてお渡しします。
※撮影データは後日、参加校や参加団体の代表者に記録メディアにしてお渡しします。

■写真展開催
各地で参加したすべての子どもたちの作品を、ひとり1点ずつ展示する写真展を東京で開催。

■各地域の作品展示

各開催地の学校・公共施設などで作品展示が可能な場合、作品プリントをご提供します。

■プロの写真家もお手伝いします
「ジュニアフォトグラファーズ」は、キヤノンの文化推進支援室のスタッフが学校に出向いて実施します。写真家の先生も講師としてご協力いただきます。


【イベント概要】
開催期間:5月~9月を予定

内容:
①レクチャー   写真撮影のコツ、自然の大切さ、機材操作方法などの説明
②フィールド撮影 一人一台のデジタルカメラで自由に撮影
③作品レビュー  撮影写真の紹介、講評

所要時間:約3時間
参加人数:合計約1,000名
募集方法:一般公募、教育機関への呼び掛け
講   師:写真家 永武ひかる氏
募集対象:全国の小学校(小学3~6年生)
参加単位:クラス・学年・学校・グループ(1回20~40名程度/80名まで対応可)
実施形態:授業、土曜教室、ワークショップなど
参加費用:無料
募集校数:15校程度
受付期間:3月~4月を予定


【お問い合わせ】
このプログラムに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

キヤノン株式会社 文化支援推進室
ジュニアフォトグラファーズ事務局
〒146-8501 東京都大田区下丸子3-30-2
TEL 03-5482-8684(直通) FAX 03-5482-9623
(受付時間:平日9:00~17:00)

人類すべてが豊かに暮らしていける社会の実現をめざし、企業理念である「共生」を基本に、キヤノンは世界各地で社会・文化支援活動を続けています。これまでも環境保全、社会福祉、地域社会、教育・学術、芸術・文化・スポーツ、人道・災害の各分野において、さまざまなNPOや団体と協働し、積極的に支援活動を推進してまいりました。「キヤノン ジュニアフォトグラファーズ」は、これらの活動の一つとして2004年にスタート。それ以来、延べ約3,000人の参加人数を重ね、参加地域も北海道から沖縄まで全国に広がっています。開催地区では、子どもたちのみずみずしい感性を育み、自分たちの住む町のすばらしさや環境について再度考える大切な機会になったと好評をいただいています。今度はあなたの学校や団体でも、このプロジェクトに参加してみませんか。