富士山「まなびの森」プロジェクト

1.富士山「まなびの森」自然林復元ボランティア活動 1996年に台風の被害に遭...

住友林業株式会社

  • プログラムの概要
  • 実施レポート/体験者の声
sumitomo_01_main.jpgのサムネール画像

1.富士山「まなびの森」自然林復元ボランティア活動

1996年に台風の被害に遭った富士山南麓の国有林において、林野庁との協定を結び、そのエリア約90haを『富士山「まなびの森」』と名付けて、1998年より自然林復元活動を行っています。社員や一般参加者が、ボランティアで、33,000本余り(教育活動など、その他の活動を含めると、36,000本弱)の植林を行い、一帯の植林活動は無事に終了しました。現在は、下刈り等の育林作業を施し、失われた森の復活を目指しています。

また、自然林復元エリアにおける森林回復状況を科学的に分析する為に、「東京農工大学」に植生調査を、「日本野鳥の会」に鳥獣生息調査を、委託、実施し、その概要をホームページで公開しています。鳥獣生息調査では、鳥の種類と数の調査、種ごとの縄張り調査、哺乳類の調査等を継続的に行い、森林回復に伴う種の変化が確認されるなど、台風の被害に遭って失われた森に、その時々の環境を好む野鳥や動物が戻ってきていることが分かっています。


2.富士山「まなびの森」環境学習支援プロジェクト

富士山「まなびの森」では、このプロジェクトにより復元する自然林も含め、富士山周辺の自然環境を将来にわたって保全していくためには、地元の子供たちの環境教育が必要と認識し、富士宮市教育委員会の協力のもと、住友林業が施設と資金を提供、ホールアース自然学校がプログラムを企画、実施し、富士宮市の小中学生の環境教育を実施しています。野生動物の痕跡探索、樹木や野草の生態観察、五感を使ったゲームなどを通して、楽しみながら学習を行っています。2006年度は、5校550名、2007年度は、5校619名の環境教育を実施しました。2007年度からは、さらに、養護施設の児童に向けた環境教育も開始しました。

  • この活動の概要は、学習研究社まんがでよくわかるシリーズ第29巻「森と木のひみつ」(全国の小学校及び公立の図書館に弊社より寄贈しております)にも紹介されております。

まなびの森は、一般の方にも開放し、環境教育の場として利用していただいています。例年、自然学校やボーイスカウト、ガールスカウト、地元自治体関連団体などに、ご利用いただいています。



【お問い合わせ】

100-8270 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館 

住友林業株式会社 富士山「まなびの森」実行委員会事務局(山林環境本部環境経営部内)

電話  03-6730-3520

FAX  03-6730-3521

ホームページ  http://sfc.jp/information/manabi/index.html



富士山「まなびの森」は、富士山2合目、静岡県側の標高約1100m付近の平坦な森で、自然林復元エリア、天然林、人工林から構成されており、森林体験、自然体験、林業体験に最適なエリアです。また、センター施設「フォレストアーク」は、太陽光発電、風力発電、バイオトイレ、ペレットストーブなどを備えた自然共生型の施設です。環境教育の場として社外にも開放しておりますので、一般の方も自由にご利用いただけます。なお、利用にあたっては、当社に利用許可を申請のうえ、ホームページに掲載している「環境教育活動のためのガイドライン」を遵守ください。 一般の個人、団体の方も参加できる森林ボランティア活動は、年間4回、開催しています。実施日、実施内容、参加方法などは、ホームページで公開しておりますので、是非、ご応募、ご参加ください。