日本の環境を守る若武者育成塾

 このプログラムは、これから社会に巣立つ高校生たちに、環境問題を肌で感じてもらい...

アサヒビールグループ

  • プログラムの概要
  • 実施レポート/体験者の声
Asahi_02_1.jpgのサムネール画像
 このプログラムは、これから社会に巣立つ高校生たちに、環境問題を肌で感じてもらい、その問題解決方法を“体験学習”、“企業見学”、“共有会”などを通じ学び、高校生自らの考えを実践することによって、地域の環境問題を解決する力を身につけてもらおうとするものです。
 第1回目となる2006年は、四国4県の高校生グループを対象に公募を行い、論文審査により選抜された7校7グループ24人の高校生が、愛媛県西条市のアサヒビール四国工場で開催された合宿研修に参加しました。合宿では、100%再資源化の取り組みなどを学習し、そこで学んだことをもとに、それぞれの地元における環境活動計画を作成しました。
 合宿終了後は、活動計画に基づいて地域を巻き込んだ環境活動を実施し、12月に行われた最終発表会で、その成果や今後の目標などを発表。発表会で最優秀に選ばれたグループは、賞品として「世界遺産・屋久島」のエコツアーに参加し、屋久杉の見学や、屋久町の高校生との交流を行いました。
 第2回目となる2007年は東北地区にて実施しました。8月中旬に東北6県から選抜された7グループで、環境に関するフィールドワークショップ合宿を行いました。合宿終了後は、各グループが企画した環境施策を実施し、12月に最終報告会を行います。最優秀賞の学校には、四万十川流域で環境体験学習を行う「四万十川エコツアー」を春休みに実施いたします。
若武者育成塾は、自ら学び、計画し、行動することのできる高校生の育成を目指しています。
高校生の皆さん、山や川での体験学習、企業訪問、他の高校から参加した若武者達との交流を通じ、地域の環境問題解決のために自分達に何ができるかを考え、実行してみませんか?

お問い合せはこちらから