木材から森を学ぼう(グリーン木材調達キャンペーン&フェアウッド出前講座)

紙や家具など毎日の暮らしに欠かせない木材製品はどこからやってくるのでしょうか?-...

財団法人 地球・人間環境フォーラム

  • プログラムの概要
  • 実施レポート/体験者の声
紙や家具など毎日の暮らしに欠かせない木材製品はどこからやってくるのでしょうか?-刻々と減少する世界の森林の現状や違法伐採と木材製品とどうつながっているのかを知り、私たちが何をできるのか解決策を考える講座です。木材製品の由来に目を向け、選んで買ってみることが、世界の森林の破壊を食い止めるための第一歩です。
<講座構成メニュー>
学習机、紙、住宅、ガーデンファーニチャーなどを題材に、下記のようなメニューで講座は構成されます。ご希望にあわせてカスタマイズできます。
(1) 世界の森林と日本の木材消費
(2) 森林の持つ役割
(3) 森林減少・劣化と違法伐採
(4) 木材生産地の状況
(5) 世界/日本の政府や企業の動き
(6) 私たちにできること:買い手の責任と可能性
(7) フェアウッド調達とは?

このプログラムについてのお問い合わせ

2008年度は環境省事業として実施するため、講座開催にかかる費用(講師料等)は基本的に無料です。住宅・木材関連団体・企業、消費者団体、学校など、木材の由来や森林の状況に関心のあるみなさん、ぜひご相談ください。なお、フェアウッドについては近著『フェアウッド-森林を破壊しない木材調達』(編著:地球・人間環境フォーラム等、発行:日本林業調査会)をお読みください。