富士電機ホールディングス株式会社

富士電機グループ経営理念
富士電機グループは、地球社会の良き企業市民として、地域、顧客、パートナーとの信頼関係を深め、誠実にその使命を果たします。
・豊かさへの貢献
・創造への挑戦
・自然との調和


経営方針
1.独創的な技術と心のこもったサービスで、顧客の期待に応え、最大の満足を提供します。
2.企業の拡大発展を図り、適正な利益を確保し、その成果を株主、社員ならびに社会と分かちあいます。
3.社員一人ひとりを尊重し、個性を最大限に伸ばします。

富士電機グループ企業行動憲章
富士電機グループは、地球社会の良き企業市民として、地域、顧客、パートナーとの信頼関係を深め、誠実にその指名を果たすために、ここに富士電機グループとその社員の行動憲章を定めます。
富士電機グループとその社員は、次の事項を遵守のうえ、持続可能な社会の実現に向けて、企業として、そして企業人として、高い社会良識をもって行動します。

1.法令その他社会的規範の遵守
2.人の尊重
3.環境保護
4.社会とのコミュニケーション
5.社会との協調・貢献
6.安全で優れた製品・サービスの提供
7.公正な商取引
8.会社財産および情報の管理
9.公私の区別

富士電機グループ各社の経営責任者は、この行動憲章の実践に向け、自らが先頭に立って行動し、グループの全員に徹底するとともに、実効ある社内体制の整備を行い、また、パートナーにも積極的に周知します。
万一、法令違反行為その他この行動憲章に反するような事態が発生した場合には、自らが問題解決にあたり、
社会への説明責任を果たしながら、原因究明、再発防止に努め、厳正な処分を行います。

CSR/社会貢献の実績や活動

地域社会とともに
資金協力
富士電機グループは、社会貢献活動を重要な企業活動の一つとして捉え、その公共性と必要性を十分に考慮したうえで、学術・文化・スポーツ活動などへの支援や寄付、大規模災害への支援など幅広い分野で協力しています。 資金協力の対象としては、「学校教育振興」「科学技術振興」「文化・スポーツ振興」「国際行事交流」「社会福祉・医学振興」「地域社会活動」を重点分野としています。

地域貢献
富士電機グループは、「企業行動憲章」に定める「社会との協調・貢献」の基本方針に基づき、地球社会・地域社会の一員として、グローバルな視点と地域の文化・慣習を尊重し、協調・融和に努めながら事業活動を推進しています。 また、地域社会のニーズを積極的に把握し、地域の活動に自発的に参加・協力してコミュニケーションを深めることで、社会に信頼される企業グループを目指していきます。

海外での社会貢献活動
中国の富士電機馬達大連社では、2006年11月に、遼寧省鞍山市柚岩県に位置する大河沿小学校に対する社内募金を行いました。これは、同社の約60人の社員が岫岩県の出身だったことから、総経理と工会主席の提案ではじめたもので、社員全員が参加しました。この募金は、門や窓の更新、井戸の建設、暖房用の薪の購入などに当てられました。

学校/教育向けに提供する課外活動プログラム一覧