いきものがたり編: 授業プラン03

授業タイトル: 地球はいったいどんな星?

教科: 道徳

対象学年: 小学5年生

執筆者: 板橋 均

準備する教材: --

参考文献: --


ねらい

『いきものがたり』P.12の歌“生きものいっぱい豊かな地球”のメッセージを、子どもたちなりに考えその意味を感じ取ることにより、地球に生きるものの命の大切さを理解してもらう。


STEP1 発問

「地球は○○の星」の○○には何が入るでしょう?

「地球は○○の星」と板書する。

このステップを詳しく見る

STEP2

ある歌を聴いてもらいます。歌に登場するものを、メモをとりながら聞きましょう。

 

このステップを詳しく見る

STEP3 発問

この歌に「題名」をつけてください。

ボリュームをさげて、歌をBGMとして流す。

このステップを詳しく見る

STEP4 発問

この歌がみんなに伝えたいメッセージは何でしょう?

5分時間をとって、発表させる。

このステップを詳しく見る

STEP5

『いきものがたり』8ページを読んでみましょう。

書籍内「地球は○○の星」の○○には“生命”が入っていることをみんなに伝える。

このステップを詳しく見る


授業者の感想

オープニングの授業なので、この本全体に流れるメッセージを子どもたちに伝えたいと思いました。“生命は○○の星”、○○に入る言葉を考えることから授業をはじめました。そして、歌“生きものいっぱい豊かな地球”を題名をふせて子どもたちに聴かせました。視聴後、この歌の“題名”と“歌に込められたメッセージ”を考えました。子どもたちなりに、この本に込められたメッセージを受け取ってくれたと思います。

わたしは“歌”も“ピアノ”も苦手なので、音楽科の同僚に歌ってもらい、それを録音し授業で使いました。同僚は、「とってもあったかい歌なので、そのあたたかさが伝わるように歌いました。」とコメントを寄せてくれました。

この授業のPDFファイルをダウンロード


閉じる