いきものがたり編: 授業プラン13

授業タイトル: ツキノワグマが教えてくれること

教科: 道徳

対象学年: 小学3年生

執筆者: 高田 保彦

準備する教材: --

参考文献: 資料1:ツキノワグマのクロちゃんの写真 (『クマともりとひと』日本熊森協会0798-22-4190)
資料2:DVD『自然の森の中でのツキノワグマ』(NHK放送番組より)
資料3:山陰中央新報『クマ目撃情報 宍道で新たに2件』'07.5.3付
資料4:『殺されたクマの写真』(「地球の子ども新聞」03-3703-9468 No.88所収)
資料5:『しまねレッドデータブック』(1997 島根県)
資料6:『地球の子ども新聞』No.88


ねらい

ツキノワグマを例に、環境問題や絶滅しそうな動物への意識を高めてもらう。そのうえで、地球環境を守るために、自分たちができることを考えてもらう。


STEP1 発問

これは何でしょう?

ツキノワグマの写真を見せる。

このステップを詳しく見る

STEP2 発問

ツキノワグマについて、どんなことを知っていますか?

さらに理解を深めるために資料2の映像を流す。

このステップを詳しく見る

STEP3 発問

捕まったクマはこの後どうなると思いますか?

資料4を使う。

このステップを詳しく見る

STEP4 発問

クマはなぜ人の住むところに現れるようになったのでしょう?

 

このステップを詳しく見る

STEP5 発問

ツキノワグマは島根県にどのくらいいると思いますか?

資料5を使ってみんなで確認する。

このステップを詳しく見る

STEP6 発問

なぜ、ツキノワグマはこんなに減ってしまったのでしょうか?

減ってしまった理由を伝える。

このステップを詳しく見る

STEP7 発問

わたしたちはどうすればいいと思いますか?

資料6の植林活動の記事を紹介する。

このステップを詳しく見る

STEP8

「今日の勉強で学んだこと」を書きましょう。

最後に『いきものがたり』P.40〜P.43にあるネイティブアメリカンのメッセージを紹介する。

このステップを詳しく見る


この授業のPDFファイルをダウンロード


閉じる