「みずものがたり」とあわせて読みたい⁄見たい資料

みずものがたり
かけがえのない生命のみなもと「水」。切っても切れない生きものと水の関係を写真やイラストを使って読み解く。7つの視点から水と向き合うビジュアル・エコブック。

あわせて読みたい資料

『water [水:mizu]』

佐藤卓⁄竹村真一 ワールドフォトプレス

対象年齢: 高校生

  • 水について考える40以上の切り口が示されている
  • それぞれの切り口について、簡潔で鋭い考察が提示されている

2007年に東京ミッドタウンで行われた「water展」と同時に出版された本。水問題を危機としてのみ捉えるのではなく、私たちが水の惑星に生きていることの奇跡を考えるという視点には共感するところが多い。(推薦者:上田壮一)

あわせて読みたい資料

『水の大研究ー不思議な世界をのぞいてみよう!』

橋本淳司 PHP研究所

対象年齢: 小学生

  • 小学生でも水の不思議について学べる絵本
  • クイズもあるので、学校でも使いやすいのでは

『みずものがたり』の「水のふしぎ」に興味を持った子どもに是非手にとって欲しい本。イラストが豊富で文章もわかりやすく、楽しみながら水の不思議について学べる。(推薦者:上田壮一)

あわせて読みたい資料

『virtual water』

環境省ホームぺージ

対象年齢: 小学生

  • 漫画でわかりやすいバーチャル・ウォーター(仮想水)のしくみ
  • 食品に含まれる仮想水の量が瞬時に分かる "仮想水計算機"

バーチャル・ウォーターについて、小中学生にも分かりやすく解説しています。自分の食べた食材の量を入力すると、バーチャル・ウォーターの量がすぐに分かり、子どもたちが学習する教材としてとても有効で、大勢の子どもたちにこのコンテンツで学んでほしいと思います。(推薦者:石田好広)

その他の書籍の資料

推薦者プロフィール

上田 壮一
『1秒の世界』はじめ、サステナブル教育応援シリーズ書籍の編集ディレクター。「エコロジーとエコノミーの共存」を基本テーマに2001年に発足したNPO:Think the Earthプロジェクトの中心的存在。
 
石田好広
小中学校環境教育研究会 環境カウンセラー。足立区立伊興小学校に在籍。