みずものがたり編: 授業プラン01

授業タイトル: 水の不思議

教科: 選択理科 (※1)、総合学習 (※2)

対象学年: 中学全学年

執筆者: 原口 栄一

準備する教材:
1. 文中の図[各分子(水・氷・硫化水素),状態変化(気体・液体・4℃),食塩の溶解の様子]の拡大コピー、または模型。
2. 黒板掲示用として『みずものがたり』のP22〜29のコピー

参考文献: 「NEWTON別冊 水のサイエンス」(株式会社ニュートンプレス)

(※1)「物質が水にとけているとはどういうことか」「物質はどのように姿を変えるのか」の発展学習として

(※2)「環境学習の導入として」


ねらい

水の特徴は構造によるところが大きいことを理解してもらう。そして、状態変化をはじめとする水の特徴を、粒子概念的に説明できるような科学的な見方を身につける。


STEP1 発問

水の特徴を知っているだけノートに書きましょう。

子どもたちが書き終えたら、水の化学式を板書して説明する。

このステップを詳しく見る

STEP2 発問

水の分子はどんな形をしているでしょうか?

水の分子の形を書かせる。『みずものがたり』P.22を読む。

このステップを詳しく見る

STEP3

1億倍の水分子を作ってみよう。

物質の状態には"気体""液体""固体"があることを伝える。

このステップを詳しく見る

STEP4 発問

このモデルは、どの状態を示しているでしょうか?

モデルを見せて質問する。『みずものがたり』P.25を提示して読む。

このステップを詳しく見る

STEP5 発問

このモデルは、どの状態を示しているでしょうか?

モデルを見せて質問する。『みずものがたり』P.24を提示して読む。

このステップを詳しく見る

STEP6 発問

このモデルは、どの状態を示しているでしょうか?

モデルを見せて質問する。『みずものがたり』P.28を提示して読む。

このステップを詳しく見る

STEP7

水分子の形や構造を説明する。

"水は,何でも溶かしてしまう"と板書して、その特徴を説明する。『みずものがたり』P,27を読む。

このステップを詳しく見る

STEP8 発問

海水で溶けていない物質はどれでしょうか?

例を黒板に書き子どもたちに選ばせる。水が物質を溶かす過程を説明する。『みずものがたり』P.26,29を 読む。

このステップを詳しく見る

STEP9 発問

今日の授業をまとめてみましょう。

水について考えたことや感想を書かせる。

このステップを詳しく見る


授業の注意点

「すべての物質は原子でできている」ということを学んだ後が望ましい。
授業だけなら,2時間あればよい。分子模型作りを入れれば,さらに1時間必要で計3時間と考える。
一億倍分子模型をそろえると説明についての理解をさせやすい。
この授業では中学1分野で履修した内容が復習できる。各発問について,履修内容を元にじっくりと考えさせるようにする。

この授業のPDFファイルをダウンロード


閉じる